*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「みどりいろのたね」
みどりいろのたね (福音館創作童話シリーズ)みどりいろのたね (福音館創作童話シリーズ)
(1988/04/15)
たかどの ほうこ

商品詳細を見る


先日、1年生の娘に読んであげて
お気に入りになったと言っていた1冊。
児童書のようにページ数はありますが、
1ページの文章量も少なく、一年生が自分でも読める文章量です。

スポンサーサイト
大きい子向けの絵本
百年の家 (講談社の翻訳絵本)百年の家 (講談社の翻訳絵本)
(2010/03/11)
J.パトリック・ルイス、ロベルト・インノチェンティ 他

商品詳細を見る

漂流物漂流物
(2007/05)
デイヴィッド ウィーズナー

商品詳細を見る

のれたよ、のれたよ、自転車のれたよのれたよ、のれたよ、自転車のれたよ
(2001/08)
井上 美由紀

商品詳細を見る

エリカ 奇跡のいのちエリカ 奇跡のいのち
(2004/07/14)
ルース・バンダー ジー

商品詳細を見る

あかりをけしてあかりをけして
(2006/08)
アーサー ガイサート

商品詳細を見る

「王さまと九人のきょうだい」
王さまと九人のきょうだい―中国の民話 (大型絵本 (7))王さまと九人のきょうだい―中国の民話 (大型絵本 (7))
(1969/11)
不明

商品詳細を見る

この春、小学1年生になった長男は、こちらの絵本が大好き!
幼稚園の頃から、リクエストの多い絵本です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「やまなしもぎ」
2年生の長女の国語の教科書で紹介されていた絵本を借りて読みました。

やまなしもぎ (日本傑作絵本シリーズ)やまなしもぎ (日本傑作絵本シリーズ)
(1977/01)
平野 直太田 大八

商品詳細を見る

昔、あるところに お母さんと3人の兄弟が住んでいました。

お母さんは、体の具合が悪くて寝ていましたが、ある日 兄弟をよんで、
「おくやまの やまなしが 食べたい。」
と言いました。

それを聞くと一番目のたろうが
「かあちゃ、おらが やまなしもぎに 行ってくるせ」
といって 出かけていきました。

いくがいくが 行くと 山のふもとの 古い大きな切り株の上に
おばあさんが座っています。
ばあさまは、たろうをみると かけわんを渡して
「わしは のどが渇いてたまらない。すまんが 水を 汲んできてくれんかの」
と頼みました。
「おいらは、忙しい」とたろうは断りました。

「そんなに急いでどこさ行く?」とばあさま。
「やまなしもぎに」とたろう。

「それならこの先に3本の分かれ道に3本の笹がなっているけに
『ゆけっちゃ かさかさ』という道へ行きなさい」と
教えてくれました。

たろうは やがて3本の分かれ道に出ました。
そこには、3本の笹がなっていました。

たろうは、ばあさまに言われたことも忘れて
『ゆくなっちゃ がさがさ』と風に吹かれてなっている笹の道へ
入っていきました。

先に進むと、山が開けておおきな沼のそばに
やまなしが ざらんざらんとなっていました。

たろうが やまなしを取ろうとして、木に登ると
影が水にうつって沼の主にみつかり、
たろうはげろりと 飲み込まれてしまいました。

続いてじろうがやまなしもぎに向かいますが、やはりうちに帰ってきません。
そこで、三番目のさぶろうがやまなしもぎへ向かいます。。


6歳の長男も2年生の長女も「面白かった!」と読後に大満足。
絵も地味?だし、どうかなぁ~と思いましたが、
やっぱり『昔話』って面白いんだなぁと、再認識しました。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
もう1冊借りて読みました。(こちらも教科書の紹介から)
耳の聞こえない(難聴の)お父さんを持った子供のお話しでした。

せなかをとんとん (えほんはともだち)せなかをとんとん (えほんはともだち)
(1997/01)
最上 一平長谷川 知子

商品詳細を見る



「はじめてのかり」
長女の2年生の教科書で「2年生の本棚」と紹介されていた絵本を
借りて読みました。

はじめてのかり (絵本アフリカのどうぶつたち第1集・ライオンのかぞく)はじめてのかり (絵本アフリカのどうぶつたち第1集・ライオンのかぞく)
(2001/04)
吉田 遠志

商品詳細を見る

3びきの若いライオンは、3匹だけで初めて狩りに出かけることにしました。

草原に出ました。
サイの親子がいました。
サイは、目が良く見えません。しかし、耳と鼻がよくききます。
子供がいるので用心しています。
近寄らない方が良さそうです。

今度は、水牛がたくさんいました。
大きな角があって恐そうです。

森の近くの草原にシマウマが沢山いました。
若いライオン3匹は、体を伏せました。
出来るだけ近くによって、急に飛び出すつもりです。
ところが、もうシマウマに見つかってしまいました。
シマウマの群は、走って逃げていってしまいました。

その他
インパラ・チーターハゲワシ・ハイエナ・ヌー・ヒョウ・ヤマアラシ
が登場します。


ライオンを主人公としながらも色々な動物の生態を
わかりやく簡潔に教えてくれる絵本でした。
他にもシリーズで出版されているようですので、
是非借りて読みたいと思います。

私が小さい頃、『野生の王国』という番組がやっていました。(野生の王国について
父はなぜか?(今思うと、父もこの動物番組が好きだったように思います)
「動物番組を観ろ」という人で、毎週のようにみせられて!いました。

けど今思うと、とても貴重な番組だったと思います。
動物達の弱肉強食や生態がリアルに放映されていました。

そういえば、たま~に動物のクイズ番組を観るのですが
「これ知ってる」ということがあります。
私も知ってるんだから、みんなももちろん知ってるんだろうと家族に聞いてみると
私だけが知ってるということも。
子供のころ、「動物番組・・・見たくないな~」なんて思ってしょうがなく見ていたときも
ありましたが、結構印象深く心に残っているようです。

私自身は、子供たちに、あまり動物番組を見せていませんでしたが、
少しづつでも見せていきたいなぁと思います。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
その他に読んだ絵本

ターちゃんとペリカンターちゃんとペリカン
(1975/10)
ドン・フリーマン

商品詳細を見る

絵本ナビ 紹介ページへ



にじ (ウィルコンの絵本シリーズ)にじ (ウィルコンの絵本シリーズ)
(1989/08)
ジークフリード・P. ルプレヒトヨゼフ ウィルコン

商品詳細を見る

つんつくせんせいとつんくまえんのくま (えほんあらかると)つんつくせんせいとつんくまえんのくま (えほんあらかると)
(2002/01) たかどの ほうこ
商品詳細を見る


おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
(2000/07) 長谷川 義史
商品詳細を見る



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「よーい どんけつ いっとうしょう」
よーい どんけつ いっとうしょう (えほん・ワンダーランド (2))よーい どんけつ いっとうしょう (えほん・ワンダーランド (2))
(1985/05/31)
梅田 俊作、梅田 佳子 他

商品詳細を見る


いよいよ ぼくたち一年生の50メートル走の番だ。
僕の順番が近づいてくる。

後ろの方で
「せんせー、トイレに行って来ていいですかー」
と誰かが言った。
「急いで言ってくるのよー」という先生の声に
となりのみえちゃんも飛び出した。

「僕も 行ってこよう!」

鉄棒の下で小さい子が泣いていた。
僕は立ち止まった。
「早く行かないと遅れるよ!」みえちゃんは、そのまま行ってしまった。

泣いてる子のひざこぞうは、血がにじんでいる。
僕は、はちまきをはずして、ぐるぐるまいてやった。
「さあ。もう大丈夫だよ」僕が立ち上がると
その子は、また大きく泣き出した。

周りを見回すと、応援に夢中で大人も子供もこの子の
鳴き声が聞こえないようだ。

「こまったなぁ」
僕は、その子をおぶって放送のテントへ連れて行くことにした。
その時
「あらあら、どうもありがとう。」
ふりむくと、赤ん坊を抱っこしたお母さんがいた。
「ごめんね、赤ちゃんのオムツをとりかえていたのよ。」

それを聞いて僕も思い出した。
(そうだ、僕おしっこなんだ。)
トイレの前は行列だ。
(早く帰らないと、かけっこにおくれちゃう・・)

ようやく戻ると、「きみの列はゴールしたところだぞ」
「ええっ!」

気がつくと、僕はたった一人で走っていた。
(どうしてぼく、はしってしまったんだろう・・)

その時さっきの子が「わーい!ほら、お兄ちゃんが一等賞だ!」という大きな声が聞こえた。
さっきの子だ。
それに続いて
「がんばれ、どんけつ一等賞!」という誰かの声がして
どっと笑い声がおこった。

僕は、グランドのすみっこで泣いた。
「運動会なんて、学校なんて、みんなみんな大嫌いだ。」

「こんなところにいたの。」
目の前に先生がいた。

「さっきね、しらないお母さんが君を探しにいたのよ。
はちまきに名前が書いてあったからって。
小さい子の世話をしてあげたんですってね。」


走るのが遅い子のお話かな~と思っていたら、
泣いている小さい子を助けてあげて、
自分のかけっこの番に間に合わなかった男の子のお話。

先生の対応もあったかくて優しい気持ちになれました。

2歳の二女も静かに聞いていて、お話をなんとなく理解していたようで
読んだ後に何回も絵を眺めて
「これどーしたの?」「転んじゃったんだ!」とか質問攻め。
絵も素敵です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
我が家にある運動会のお話↓読むなら、1年生くらいから

びりっこ一年生 (どうわがいっぱい)びりっこ一年生 (どうわがいっぱい)
(1994/02)
あまん きみこ門田 律子

商品詳細を見る

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
他に読んだ絵本 4冊

ぼうしのおうち (世界傑作絵本シリーズ・スウェーデンの絵本)ぼうしのおうち (世界傑作絵本シリーズ・スウェーデンの絵本)
(2001/05)
エルサ ベスコフ

商品詳細を見る



すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)すっぽんぽんのすけ (たんぽぽえほんシリーズ)
(1999/11) もとした いづみ 荒井 良二
商品詳細を見る

おさるのまいにち (どうわがいっぱい)おさるのまいにち (どうわがいっぱい)
(1991/05) いとう ひろし
商品詳細を見る

ノンタンおねしょでしょん (ノンタンあそぼうよ (6))ノンタンおねしょでしょん (ノンタンあそぼうよ (6))
(1978/04) おおとも やすおみ キヨノ サチコ
商品詳細を見る


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
6/26に読んだ絵本

もりのかくれんぼうもりのかくれんぼう
(1978/01)
末吉 暁子

商品詳細を見る

ペネロペひとりでふくをきる (ペネロペおはなしえほん)ペネロペひとりでふくをきる (ペネロペおはなしえほん)
(2005/01) アン グットマンゲオルグ ハレンスレーベン
商品詳細を見る

よこむいてにこっよこむいてにこっ
(1998/04) 高畠 純
商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
絵巻絵本「川」「妖怪絵巻」「びっくり水族館」
こちらは、どこかで紹介されていた面白い絵本たち ↓
リクエストして 図書館から借りてきて、上の子2人が楽しんでいます!

川 (絵巻えほん)川 (絵巻えほん)
(1992/07)
前川 かずお

商品詳細を見る


妖怪絵巻妖怪絵巻
(1997/06)
常光 徹飯野 和好

商品詳細を見る


絵巻えほん びっくり水族館 (絵巻えほん)絵巻えほん びっくり水族館 (絵巻えほん)
(2005/05)
長 新太

商品詳細を見る

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
日本と色々な国たの違いを知るのには、こんな絵本

世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)
(1989/10)
長 新太

商品詳細を見る

はがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなしはがぬけたらどうするの?―せかいのこどもたちのはなし
(1999/05)
セルビー ビーラーブライアン カラス

商品詳細を見る

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
6/21に読んだ絵本

ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)ねむりひめ―グリム童話 (世界傑作絵本シリーズ―スイスの絵本)
(1963/10)
グリムフェリクス・ホフマン

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「おじいちゃんのところ」
童話館ぶっくくらぶ7~8歳向けで配本される1冊を借りて読みました

おじいちゃんのところおじいちゃんのところ
(2007/09)
ヘレン V.グリフィス

商品詳細を見る

ある日、お母さんが、ジャネッタにいいました
「そろそろ あなたを おじいちゃんに合わせたいわ。」

お母さんと、ジャネッタは、駅に行って汽車にのりました。

おじいちゃんの家につきました。
けれど、ジャネッタは、そこが、好きになれませんでした。
家は古ぼけていて、庭はむき出しの赤土のまま。

ジャネッタは、どうすればいいのかわかりません。
だって、こんなところにきたのは、はじめてなんですからね。

庭では、ニワトリたちが、赤土をひっかいて遊んでいます。
こわれかけた小屋からは、とてつもなく大きな動物が姿を現しました。
おじいちゃんが、『ラバ』だよと教えてくれました。

次の日、おじいちゃんとジャネッタは、川へ、魚つりにいきました。
おじいちゃんが、ミミズをつり針につけるのを見ると、
「ミミズ、痛くないかしら?」ジャネッタが聞きました。
「そうだな。ミミズのことは、ミミズに聞いてみるのが、何よりだろうよ。」

「ミミズや。つり針につけられている気分はどうかね?」
おじいさんは、ミミズを耳に近づけて、じっと、耳をすましました。
「それほど、快適というわけでもないけれど、と言っとるよ。それに、
今のところ、魚釣りの手伝いくらいしか、することがないんだと。」

「あたしも、聞きたいわ。」ジャネッタは、ミミズに耳を近づけました。
「なんにも、言ってないわ。」
「おまえさんに、はずかしがっとるのだろうな。」

まもなく魚が連れた、ジャネッタ。
「このお魚、何か、いいたそうだわ。」
おじいちゃんは、魚の尾びれをつまむと、耳のそばに近づけました。

「なるほど。自分は、小麦粉の衣ときせてもらって、フライにされるのが
好みだと、言っとるよ。」

「あたしも、聞いていい?」とジャネッタ。
「おや、おまえさん。魚語がわかるのかね?」おじいちゃんが尋ねました。

「聞こえるわ。おじいちゃん。父さんと、母さんが待っている川へ、
返して欲しいって言ってる。」
「それは、ほんとうかね。」おじいちゃんが、驚いて聞き返しました。
「本当よ。」
「そういうことなら、そうするのが、よかろうな。」とおじいちゃん

おじいちゃんが言いました。
「こんなに、はやく、魚語がわかるようになった子は、ほかにはおるまいよ。」
「今度は、ミミズ語がわかるようになるわ。」ジャネッタが言いました。


田舎で暮らすおじいさんとの時間が、静かにだけど心地よく刺激的で
子供にとって、楽しい様子が伝わってくる絵本でした。
『ミミズ語』や『魚語』、また、名前がついていなかった動物に名前をつける役目なんて
子供もお話を聞いていて、惹きつけられ印象に残ると思います。

きっとリクエストの多い絵本ではないだろうけど、
是非一度でも読んで欲しい絵本です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
他に読んだ絵本

あいかわらず、我が家はこちらの本に夢中
文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ
(2005/12)
香川 元太郎

商品詳細を見る

こちら↓のシリーズは長男(6歳)も自分で読むようになりました。
もりのおかしやさん (もりはおもしろランド (2))もりのおかしやさん (もりはおもしろランド (2))
(1979/04)
舟崎 靖子舟崎 克彦

商品詳細を見る



6/7に読んだ絵本

とっきゅうでんしゃのつくりかた (そうえんしゃ・日本のえほん 10)とっきゅうでんしゃのつくりかた (そうえんしゃ・日本のえほん 10)
(2007/11 )のぶみ
商品詳細を見る

おとうさんはげひんです (ユーモア詩のえほん・かぞくのうた)おとうさんはげひんです (ユーモア詩のえほん・かぞくのうた)
(2004/02) 沢田 としき
商品詳細を見る

まほうのきょうそう (まほうのくにへようこそ) (1987/01) 瀬名 恵子


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
『魔女図鑑』
先日紹介した
千冊の魔法 絵本と家族のものがたり千冊の魔法 絵本と家族のものがたり
(2003/05/15) 岡田 美里 
商品詳細を見る

でみつけた面白そうだった本を借りてきました。

魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン魔女図鑑―魔女になるための11のレッスン
(1992/08)
マルカム バード

商品詳細を見る

読み物としては、小学校高学年向きかなと思います。。
長女もはじめの方はきちんと、だんだんとパラパラとだけれど眺めていました。
「この本を読み終わると魔女になれるんだってぇ!」って。

検索していたら、こちらの本も見つけました。
こちらも高学年向けですが、また上の本と違って日本の方の本ですので
読みやすいかも。

新・魔女図鑑新・魔女図鑑
(2000/12)
角野 栄子下田 智美

商品詳細を見る

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
他にもこんな本たち

光れ!泥だんご―普通の土でのつくりかた光れ!泥だんご―普通の土でのつくりかた
(2001/12)
加用 文男門田 律子

商品詳細を見る

杉山きょうだいの しゃぼんだまとあそぼう (かがくのとも傑作集)杉山きょうだいの しゃぼんだまとあそぼう (かがくのとも傑作集)
(1993/06)
杉山 弘之吉村 則人

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「くわずにょうぼう」
童話館ぶっくくらぶ7~8歳コースの配本予備リストで見つけ
図書館から借りてきた絵本を読みました。

くわずにょうぼう (《こどものとも》傑作集)くわずにょうぼう (《こどものとも》傑作集)
(1980/07)
稲田 和子 再話 / 赤羽 末吉 画

商品詳細を見る

昔、うんと欲張りの男が 一人で住んでいたそうだ。

男は 山へ仕事に行って
「おらも 女房が欲しいなぁ。よっく働いて 飯を食わない女房が欲しいもんだ」
と言ったそうだ。

晩になって、男が家に帰ったところが、誰か知らんが 後から着いてくるんだと。

「誰だ、お前は?」

「おらは、飯を食わないおなごだ。飯はちっとも食わないで、うんと働くから、
あんたの女房にしてくんろ」

「そうかい、そりゃあ ありがたい。」

早速、女房になってもらい 一緒に暮らした。
なるほど、飯は食わないし、くるくるとよく働くので、
「今に 蔵に入りきらんくらい コメが貯まるぞ。」

ある日、蔵をあけてみたところが、米俵がごっそり、減ってしまっている。

「おかしいなあ。よし、明日は、どこへも行かずに 見届けてやる」


昔話には、赤羽さんの絵がとってもあっていると個人的に。
昔話大好きな私ですが、なかなか子供たちに読んであげれていません。
少しづつ、読んでいきたいです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
赤羽末吉さんの作品は他にも

だいくとおにろく (こどものとも傑作集 (36))だいくとおにろく (こどものとも傑作集 (36))
(1967/02)松居 直 赤羽 末吉
商品詳細を見る

スーホの白い馬―モンゴル民話スーホの白い馬―モンゴル民話
(1967/10)大塚 勇三 赤羽 末吉
商品詳細を見る

おおきなおおきなおいも―鶴巻幼稚園・市村久子の教育実践によるおおきなおおきなおいも
(1972/10)赤羽 末吉
商品詳細を見る

ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)ももたろう (日本傑作絵本シリーズ)
(1965/02)まつい ただし あかば すえきち
商品詳細を見る

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
他に読んだ絵本

しんせつなともだち (こどものとも傑作集)しんせつなともだち (こどものとも傑作集)
(1987/01)
方 軼羣村山 知義

商品詳細を見る

図書館から1冊

バスなのね (First Book Series)バスなのね (First Book Series)
(2004/09/01)中川 ひろたか
商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
プロフィール

杏

Author:杏
の杏(あんず)です。
小6の長女・小4の長男・小1の次女の3人の母です。
本が好きな子になって欲しいなぁと
寝る前に絵本を読むのを頑張っています(した!?)
読んだ絵本の中から、オススメの絵本を紹介したり、
私や家族の日常を記録できたらなぁとのんびり
更新しています。

最新記事
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
リンク
素敵なブログやHPです♪
過去ログ +

2012年 10月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【5件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【5件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【2件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【1件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【19件】
2008年 05月 【23件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【23件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【17件】
2007年 12月 【5件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【10件】
2007年 06月 【8件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【24件】
2007年 01月 【32件】
2006年 12月 【48件】
2006年 11月 【43件】
2006年 10月 【34件】
2006年 09月 【29件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング
励みになります。よろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。