*All archives* |  *Admin*

2008/01
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ろくべえまってろよ」
以前古本屋さんで購入した絵本を読みました
私が選らんで読みました。

ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(2005/02)
灰谷 健次郎

商品詳細を見る


ろくべえという犬が深い穴に落ちています。
小学生くらいののこどもたち5人くらいが心配して穴をのぞきこみます。
「ろくべえ がんばれ」

だけどもだんだんろくべえは元気がなくなっていきます。
通りかかった大人に助けを求める子ども達ですが、誰も助けてくれません。

子ども達は、知恵を絞ってろくべえを救出します。


手助けを求めても冷たい大人たちと
一生懸命なこどもたち。
子ども達だけで、どんな知恵を絞って救出したのかな?

小学低学年生が自分で読むのにもオススメです。

***************************
その他に読んだ絵本

キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)キャベツくん (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
(1980/09)
長 新太

商品詳細を見る

てつたくんのじどうしゃ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
スポンサーサイト
国語辞典(ふりがなつき)
先日勉強嫌いな長女に、珍しく自主学習をさせていたところ

「めだつ

を漢字で書きなさいと言う問題が。

長女「どうやって書くの?」と。

だけど「」に「立つ」だよ、と教えるのは簡単だけど
果たして頭に入るのか?

「辞書で調べてみよう!!」

ということがきっかけで小学生低学年向けでも使える辞書を用意することにしました。

辞書といっても様々あるわけですが、
たまたま興味があって買っているこちら↓の本で

edu (エデュー) 2008年 02月号 [雑誌]edu (エデュー) 2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/10)
不明

商品詳細を見る


低学年向けと(漢字に総振り仮名付き)紹介されていた辞書を購入しました。

学習国語新辞典学習国語新辞典
(2005/10)
金田一 京助

商品詳細を見る


ただ、買った後に気づいたのですが、語彙が少なめ・・です。
あくまでも低学年向けといったところでしょうか?

我が家では子どもの机は二階に置いてあるので、リビングにも1冊欲しいなぁ~
長男にも使えるし・・と検討しているのはこちら↓

新レインボー小学国語辞典新レインボー小学国語辞典
(2005/03)
金田一 春彦

商品詳細を見る


こちらは語彙が沢山のっていて、もちろん振り仮名付き!
高学年まで使えそうです。

・・・といっても辞書って高~い。
せっせとオークションを覗いています。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「根っこのこどもたち目をさます」
童話館ぶっくくらぶ3~4歳向けで配本される絵本です

根っこのこどもたち目をさます
ねっこ


季節の移り変わりの様子を、素敵なファンタジーなお話で語られている絵本です。

冬が過ぎ、春が近づいてきました。
すると地面の下で眠っていた根っこのこどもたちを土の母さんが起こします。
「春がきますよ。仕事をはじめなくてはいけませんよ。」

そして、根っこの女の子たちは、忙しく春に着る服を縫い始めます。
根っこの男の子たちは、眠っている虫たちの体をよく洗い、春の色を塗ってやります。


幻想的な絵で静かなお話だけど、子どもの想像力を素敵に刺激する絵本だと思います。

お話を内容を理解するのは5歳くらい~と思います。

******************************

↓実は同じ作者さん、同じ絵なのですが、違う訳で同じ絵本が出版されています↓

ねっこぼっこねっこぼっこ
(2005/04)
秦 理絵子、ジビュレ・フォン オルファース 他

商品詳細を見る

興味のある方は読み比べてみるのもいいですよ。
「ねっこぼっこ」の方は原作に近い訳だそうです。
ただ子どもに読み聞かせるのには「根っこのこどもたち目をさます」の方が私はオススメです。

寒い冬、「春よ、こい!」のこの季節に読むのに
ぴったりな絵本だと思います。

***************************
他に読んだ絵本たち(家にある絵本)

おやすみなさいおつきさまぼくにげちゃうよもじゃもじゃ (いやだいやだの絵本 2)


長男のリクエスト
おおきいツリー ちいさいツリーおおきいツリー ちいさいツリー
(2000/10)
ロバート バリー

商品詳細を見る

最近の次女のお気に入り絵本↓
てつたくんのじどうしゃ
てつた


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「ねずみさんのながいパン」
先日図書館から沢山借りてきたのでその絵本を読みました。

次女に借りてきて気に入った様子の絵本

ねずみさんのながいパンねずみさんのながいパン
(2000/06)
多田 ヒロシ

商品詳細を見る


ねずみさん、長いパン持ってどこに行くのかな?
このうちかな?

(絵本には、ぞうさんの形をした家があります。)

あ、違った。ぞうさんのうちは、もうごはんを食べてる。
ぞうさんのうちのごちそうは、りんごとバナナ。

他にもきりんさんのおうち、ライオンさんおおうち、うさぎさんのおうちが登場して
最後にねずみさんは自分のおうちへ
沢山のねずみさんたたちがお腹をすかせて待っています。



動物達が家族みんなで楽しそうに、ごはんを食べている場面がたくさん。
読んでいて、とっても幸せな気持ちになります。
たくさんの動物達のおうちが登場するので、

私 「次はだれのおうちかな?」
2才次女 「うたぎぅたーん(うさぎさーん)

なんてやりとりをしたり、楽しい絵本です。
図書館から借りている間、何度も読みました。

*****************************
他にも読んだ借りてきた絵本たち

にんじんばたけの パピプペポ (かこさとし おはなしのほん( 8))にんじんばたけの パピプペポ (かこさとし おはなしのほん( 8))
(1973/11)
加古 里子

商品詳細を見る



*おばけのジョージー
*オリビア
*ザガズー―じんせいってびっくりつづき

**************************
最近上の子達が寝れない時読み聞かせている本(童話館ぶっくくらぶ6~7歳向けで配本

子どもに聞かせる世界の民話
せかいみん


「ぶかぶかティッチ」
最近また図書館通いをしています。
絵本のブログで見つけた絵本などなどたいていはメモをとってその絵本を
借りてきています。

ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1984/07/10)
パット・ハッチンス

商品詳細を見る


うちの子たちが大好きなティッチのお話
第一巻、第二巻と順番をつけるとしたら、
ティッチ
きれいずきティッチ
かしら?

3兄姉の3番目ティッチのお話です。

ティッチのズボンが小さくなってしまいました。
兄さんのピートが「僕の古いのをあげるよ。ぼくにはちいさすぎるんだ。」
「だけどこれ、僕にはまだちょっと大きいや。」と、ティッチ。
「でも、すぐに大きくなってちょうどよくなるよ。」と兄のピート。


次のページは、上の場面より時がたっています。
窓の外から見える木が上のお兄ちゃんとの場面より葉っぱが青々としているから。

ティッチのセーターが小さくなったとき、姉さんのメアリは
「私のをあげるわ。」と。


そしてお話の最後でティッチがいうのです。
「そら、ぼくの古いズボンを赤ちゃんにあげる。」

なんとティッチはお兄ちゃんになるのです。

うちの子たちに何度も読んだティッチの絵本。
長男「赤ちゃんが生まれて、姉妹が増えたんだね」とポツリ。

シンプルだけどとっても可愛いお話です。
うちの本棚へ仲間入りする日も近いかな。

ピーターラビットの絵本
2才の次女が今日はいつもより早く夢の中
長女のスイミングがあり今日は早めのお風呂でたっぷり時間があったので
5歳長男と7歳長女に沢山絵本を読みました


ピーターラビットの絵本  第1集 (ピーターラビットの絵本)ピーターラビットの絵本 第1集 (ピーターラビットの絵本)
(2002/09/21)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他

商品詳細を見る

↑こちらは前に童話館のブッククラブ(6~7歳向け)で届いた絵本。
その中の1冊を読みました↓

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)
(2002/09/21)
ビアトリクス・ポター、Beatrix Potter 他

商品詳細を見る


4匹の子供のうさぎが、木のの下の穴の中にお母さんと住んでいます。
その子供のウサギの1匹のピーターは大変ないたずらっこ。
ある日、ピーターは、おかあさんに「行ってはだめ」といわれたマクレガーさんの畑に入り込みます。
畑の野菜を食べたピーターは、マクレガーさんに見つかって追いかけられ
必死に逃げ回ります。


実は私の実家にお話は全然覚えていないけど、ピーターラビットの絵本があって、
私が小学生のときに読んだ絵本があまり好み?じゃなかったので
「あまり面白くなかったような・・」と思っていたピーターラビット。

読んでみたらとっても面白い
人間に追いかけられて逃げる様子がハラハラ、ドキドキで長男が「面白~い」と言っていました。
実家の絵本がどんなお話だったのか。
実家から取り寄せて読んでみたくなりました。

他に読んだ絵本たち

長女のリクエスト↓
ロサリンドとこじかロサリンドとこじか
(2001/12)
エルサ ベスコフ

商品詳細を見る


長男のリクエスト↓
きょうはなんのひ?きょうはなんのひ?
(1995/06)
瀬田 貞二、林 明子 他

商品詳細を見る


私が選んだ1冊(童話館ぶっくくらぶ6~7歳向けより)↓
ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)ロバのシルベスターとまほうの小石 (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/03)
ウィリアム スタイグ

商品詳細を見る

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

「ヒギンスさんととけい」
以前に図書館から借りてきた絵本。
「また読みたい」という長女のリクエストで借りてきました。

ヒギンスさんととけいヒギンスさんととけい
(2006/03)
パット ハッチンス

商品詳細を見る


ある日、ヒギンスさんは屋根裏部屋で時計を見つけました。
時計がちゃんと合っているかどうか気になったヒギンスさん
「この時計がちゃんと合っているか調べよう」と
もう一つ時計を買ってきました。
そしてその時計を寝室に置きました。
寝室の時計の時間をみて、屋根裏の時計を見にいくと
時間が違います。
「どっちの時計が正しいのかな?」


どの時計があっているのか、ヒギンスさんはどうやって分かるようになるか・・
楽しい絵本です。

**************************************
ハッチンスさんの絵本は我が家に沢山あります。
シンプルなお話だけど印象に残ります。

他にも借りてきました

ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)おたんじょうび おめでとう! (ハッチンスの絵本)



ティッチのお話は他にもあります。

*ティッチ
*きれいずきティッチ

ハッチンスの絵本

*なんにかわるかな
*ロージーのおさんぽ
*かえりみちを わすれないで (世界傑作絵本シリーズ)

⇒ブログ内過去の紹介記事へ

***********************************
久しぶりに図書館へ行って沢山絵本を借りてきました

どろぼうだっそうだいさくせん
どろぼうだっそうだいさくせん!どろぼうだっそうだいさくせん!
(2007/08)穂高 順也
商品詳細を見る


*Andante*さんのブログから借りてきた絵本

エドワルド―せかいでいちばんおぞましいおとこのこおばけのジョージー おおてがらもしもねずみにクッキーをあげるとマリーのお人形アンジェリーナは バレリーナ (講談社の翻訳絵本クラシックセレクション)>



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「ぼくはイスです」
ぼくはイスですぼくはイスです
(1979/01)
長 新太

商品詳細を見る


「もう夜遅いから早く選んでね~」というと5歳長男が持ってくる絵本。

いつも「こしかけられている」イス「こしかける」ってどんなことかと
色々なものに腰掛けます。
そして「山」にこしかけたのはいいのですが、その山が噴火し
火のついた泥が「泥人間」のような形となり「イス」を追いかけてくるのです。


以前に「長新太」さんの絵本を色々読んでみたくて読んでいたときに
古本屋さんで見つけた一冊。
ちょっと思いつかない長さんワールドのお話でインパクト大です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「めのまどあけろ」
童話館ぶっくくらぶ(2~3歳向け)で配本される絵本。
「谷川俊太郎」「長新太」というキーワードにひかれ昨年購入しました。


めのまどあけろ (1984年)めのまどあけろ (1984年)
(1984/02)
谷川 俊太郎、長 新太 他

商品詳細を見る


谷川俊太郎さんの「わらべうた」が絵本になったようです。
朝から夜までの行動が「わらべうた」になっています。

小さい子向けかなと思ったら
7歳長女が「せっけんさんがすーべった すべっておでこをぶっつけた」のページが気に入って
「読んで~」と持ってきます。

リズム良く読めるので、2歳の次女から7歳の長女まで一緒に読める絵本。
最近のお気に入りです。

もう1冊。谷川俊太郎さんのわらべうた(なのかな?)の絵本で
お気に入りはこちら↓

おならうたおならうた
(2006/07)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


以前借りたけど子供が小さく?だったので
今度読んでみたい絵本はこちら↓

これはのみのぴここれはのみのぴこ
(1979)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


「ゼラルダと人喰い鬼」「かいじゅうたちのいるところ」
今日は以前童話館ブッククラブ(5~6歳向け)で配本された絵本を読みました

ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)ゼラルダと人喰い鬼 (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1978/01)
トミー・ウンゲラー

商品詳細を見る


恐そうな表紙に恐そうな絵本の題名。
表紙から読んでみたくなる絵本じゃないですか?

子供を襲って食べるという人喰い鬼。
町の人たちは、鬼につかまらないように子供を地下などに隠しています。
森に住む少女のゼラルダは、町へお使いにいく途中で人喰い鬼に襲われそうになるのですが
空腹だった鬼は襲う前に倒れてしまいます。
人喰い鬼と知らないゼラルダは、得意の料理を作って鬼に食べさせます。



もう1冊読みました。子供たちの大好きな絵本↓です。(3歳くらいから)

かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ
(1975/01)
モーリス・センダック、神宮 輝夫 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「くものすおやぶんとりものちょう」
くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)くものすおやぶん とりものちょう (こどものとも傑作集)
(2005/10)
秋山 あゆ子

商品詳細を見る


子供たちが大好きな一冊。
リクエストされ読みました。

以前も記事にしましたのであらすじ等はこちら⇒過去記事へ

こちら↓は最近の2才の次女のお気に入り。
2才にはまだ難しいと思うんだけど、絵が好きなようです。
お人形が出てきたり、小さい女の子とお姉ちゃんが登場してくるので
お人形遊びが大好きな次女には楽しいのかな。


いもうとのにゅういん (子どものとも傑作集)いもうとのにゅういん (子どものとも傑作集)
(1987/02)
林 明子、筒井 頼子 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「ふらいぱんじいさん」「きつねのでんわボックス」「ばけたらふうせん」
小1の長女には毎日「本読み」の宿題があります。
教科書のお話を読んだり、うちにある絵本を読んだり。
「絵本は字が小さくて読みづらい」とたまに言うので
私が小さいときに読んでいた小学生低学年向きの「童話」の本を
「何ページまで」と決めて数日にわけて最近は、読んでいます。
ページ数はありますが、字が大きいので読みやすいようですし
私も「どんなお話だったっけ?」という懐かしさから聞いていて飽きません。

(最近読んだ3冊↓)

ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)ふらいぱんじいさん (日本の創作幼年童話 5)
(1969/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

きつねの でんわボックス (新・ともだちぶんこ)きつねの でんわボックス (新・ともだちぶんこ)
(1996/10)
たかす かずみ、戸田 和代 他

商品詳細を見る

ばけたらふうせんばけたらふうせん
(1990/06)
三木 卓、長 新太 他

商品詳細を見る


(他にもうちにある懐かしい童話の本)

えんぴつたろうのぼうけん
カレーライスはこわいぞ (1979年)

↑こちらの2冊も有名な作家さんが書いた本
最近苦痛だった「本読み」を聞く親の役目も
なんだか長女に私が本を読んでもらっている気分で
楽しくなってきました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「こんとあき」「てつたくんのじどうしゃ」
こんとあきこんとあき
(1989/06)
林 明子

商品詳細を見る

5歳長男のリクエスト
最近林明子さんの絵本が続いています。
私も大好きな1冊です

「こん」はきつねのぬいぐるみです。
「あき」という女の子のおばあちゃんが住む「さきゅう町」から
あきの子守のためにあきが生まれる前にあきのおうちにきました。
あきの成長のそばにはいつもこんがいました。
ある日大きくなったあきはこんと一緒に
おばあちゃんが住み「さきゅう町」に向かって出発します。



ファンタジーのお話です。
初めて童話館より配本されて読んだとき、ビックリしました。
ぬいぐるみの「こん」がお話して旅するという設定に
頭の固くなった私の頭が付いていけなかったからだと思います。

けど子供にはすんなり受け入れられ、長女が読んでいてびっくりして
(途中こんが犬に連れ去られてしまうのです)
涙したのを毎回思い出します。
4~5歳くらいから

詳しくは⇒絵本ナビ

ブログ内⇒関連記事


(その他読んだ2冊)


*「てつたくんのじどうしゃ」過去の記事へ


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
(1972/10)
わかやま けん

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ


「ものぐさとミー」「ヒギンスさんととけい」
ものぐさトミー (岩波の子どもの本)ものぐさトミー (岩波の子どもの本)
(1977/06)
松岡 享子、ウィリアム・ペーン デュボア 他

商品詳細を見る


ヒギンスさんととけいヒギンスさんととけい
(2006/03)
パット ハッチンス

商品詳細を見る


今日学校から帰ってきた長女が「今日この本読んで~」と話していた2冊。

「ものぐさトミー」は、家にあるけど、
「ヒギンスさんととけい」は借りてこないと!!

*「ものぐさトミー」の過去の記事
*「ヒギンスさんととけい」の過去の記事

私はこうやって子供たちが思い出したように
「あの絵本読んで♪」って言われるのがとっても好きです。

子供たちはよっぽど何回も読んでる絵本以外は、題名を覚えていません。
なので、一生懸命に私にあらすじを話してくれて、私が
「あ~、あれね!」って題名を思い出すっていう推理!するようなのが楽しいの。

今回の「ヒギンスさんととけい」も過去に図書館から借りてきたけど
それっきり読んでいなかった絵本。
それが頭に残っていて、「読んで!」と言ってくると
子供たちにそのお話の印象が残っていたんだぁと思い
うちの子にとっての「面白い絵本!!!」ということになっていくのです。

上の2冊ももちろん面白いオススメの絵本です。
対象は、5歳くらいから~

詳しくはコチラ↓

ヒギンスさんととけいヒギンスさんととけい
作・絵:パット・ハッチンス / 訳:たなかのぶひこ出版社:ほるぷ出版絵本ナビ

ものぐさトミーものぐさトミー
作・絵:ペーン・デュボア / 訳:松岡 享子出版社:岩波書店絵本ナビ


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「くまのコールテンくん」「あさえとちいさいいもうと」
くまのコールテンくんくまのコールテンくん
(1975/05)
ドン=フリーマン、まつおか きょうこ 他

商品詳細を見る

小学一年生の長女には、毎日「本読み」の宿題があります。
(この「本読み」は卒業まで続くようで。。親も大変です)

長女は本を読むのがあまり好きではないので、私が「本読みして!」と
声をかけてしぶしぶやるといった感じです。

逆に本を読むのが好きな5歳長男。
「僕も本読みする!」とこの絵本を選んで読んでくれました。

デパートのぬいぐるみ売り場に並んで置かれている「くまのコールテンくん」
なかなか買っていってくれる人がいません。
ある日、コールテンくんが欲しいと言う女の子がくるのですが、女の子のお母さんが
「肩紐のボタンが取れているわ」と・・。
ボタンがないことに気が付いたコールテンくんは
閉店後のデパートで、ボタンを探しに冒険へ・・
  詳しくは絵本ナビ

この絵本は、私の大好きな一冊です。
そして毎月配本をお願いしている童話館さんから初めて届いた一冊。
配本されてこの絵本を読んだ時、「配本を童話館さんにお願いして良かった」と思ったのを覚えています

5歳長男。途中で「もう、やめた!」と根を上げずに最後まで読みました。
もちろん何度も何度もつかえたけれど、です。

************************
長女も負け時?と同じ絵本を読んでくれました。
かなり早口でしたが  この早口私に似たようで
長女はもう1冊読みました↓

あさえとちいさいいもうとあさえとちいさいいもうと
(1982/04)
筒井 頼子、林 明子 他

商品詳細を見る

お母さんのお使い中、いもうととお留守番することになったおねえちゃんのあさえちゃん
ちょっと目を離した隙に、妹がいなくなってしまいます。
「どうしよう、どうしよう・・」慌てるあさえちゃん・・
 
⇒詳しくは絵本ナビ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
「きょうはなんのひ?」「いもうとのにゅういん」
7歳長女からのリクエスト

きょうはなんのひ?きょうはなんのひ?
(1995/06)
瀬田 貞二、林 明子 他

商品詳細を見る


両親の結婚記念日を知った女の子は、お母さんに楽しいお手紙のプレゼントをします
まずは階段の上に一枚。
そのお手紙には、次のお手紙が置いてある場所が書いてあります。
娘のお気に入りの絵本の中、庭に池の水の上・・・
お母さんは、家中を探して歩きます。
「お父さんの背広のポケットの中」なんていうのもあって
お母さんは、お父さんに電話。

仕事から帰ってきたお父さんは、結婚記念日を知ってか?知らないでか?
娘に前から欲しがっていたものをプレゼントします


久しぶりに林明子さんの絵本を読みました。
やはり素敵な絵です。
ほんとに、装飾?されていない女の子というのか、すぐそこにいそうな女の子。
2才の次女も、日常の風景、いつもみている家の中の様子だからか
静かに聞いていました。

私「結婚記念日の絵本」というのが頭に残っていたのですが、
長女が読む前にしきりに背表紙(後ろ)を見せます。
「??」だったのですが、お話の最後に犬のプレゼント!!すっかり忘れていました。
背表紙には、犬の絵が描いてあったのです。
長女「私も犬が欲しい」というアピールだったようです。

もちろん絵本の中に登場する、おうちの中での手紙リレー。
こちらはもう2,3度、私や主人がさせられました。

*********************
もう1冊読みました。同じ林明子さんの絵本です

いもうとのにゅういん (子どものとも傑作集)いもうとのにゅういん (子どものとも傑作集)
(1987/02)
林 明子、筒井 頼子 他

商品詳細を見る


こちらは、お姉ちゃんと妹のお話。
次女が持ってきました。(長女が持ってきた絵本の近くにあったからですが)
こちらも可愛いお話です。
詳しくは⇒絵本ナビ

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
新年 挨拶
あけまして おめでとう ございます

つたない私のブログへ遊びに来てくれている皆様

本当にありがとうございます

ブログを開始して1年半となりました。

初めての半年は、ブログ更新、新しい絵本の開拓が楽しくて
かなりブログに力が入り過ぎていた気がします。

そして昨年4月に長女の小学校入学、長男の幼稚園入園と
生活ペースが一転し、ブログへの時間というより、
子供たちへ絵本を読む時間がうまくとれない日々へ突入しました。

そして8月に次女が2才になり、だんだん絵本に興味が出てきて
毎晩の日課として「読んで」と絵本を持ってきます。

私もやっと少し余裕が出てきたようで、
また少しずつ、初めの半年のようにでなく
少し肩の力を抜いて、子供たちへ読んだ絵本や日常のことを
ホントに拙い文章ですが、紹介していけたらと思っています。

今年もどうぞどうぞ、よろしくおねがいします
プロフィール

杏

Author:杏
の杏(あんず)です。
小6の長女・小4の長男・小1の次女の3人の母です。
本が好きな子になって欲しいなぁと
寝る前に絵本を読むのを頑張っています(した!?)
読んだ絵本の中から、オススメの絵本を紹介したり、
私や家族の日常を記録できたらなぁとのんびり
更新しています。

最新記事
ブログ内検索
カテゴリー
最近のコメント
リンク
素敵なブログやHPです♪
過去ログ +

2012年 10月 【2件】
2012年 07月 【2件】
2012年 06月 【6件】
2012年 05月 【1件】
2011年 07月 【2件】
2011年 06月 【4件】
2011年 05月 【2件】
2011年 04月 【1件】
2011年 03月 【2件】
2011年 02月 【5件】
2010年 12月 【2件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【10件】
2010年 09月 【12件】
2010年 08月 【7件】
2010年 07月 【5件】
2010年 03月 【5件】
2010年 02月 【8件】
2010年 01月 【2件】
2009年 07月 【1件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【1件】
2008年 11月 【1件】
2008年 10月 【3件】
2008年 09月 【1件】
2008年 08月 【4件】
2008年 07月 【7件】
2008年 06月 【19件】
2008年 05月 【23件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【23件】
2008年 02月 【14件】
2008年 01月 【17件】
2007年 12月 【5件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【1件】
2007年 08月 【1件】
2007年 07月 【10件】
2007年 06月 【8件】
2007年 03月 【5件】
2007年 02月 【24件】
2007年 01月 【32件】
2006年 12月 【48件】
2006年 11月 【43件】
2006年 10月 【34件】
2006年 09月 【29件】

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキング
励みになります。よろしくお願いします。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。